回収後に廃棄物を分別する時間とスペース

回収後に廃棄物を分別する時間とスペースはありますか?
場合によっては、有害廃棄物から有害物質を分離する能力を前提とした州または連邦規制に準拠することはできません。
災害の大きな特徴は、日常の状況で設計されたカテゴリーとプラクティスが危機的状況のために成立しないことです。
この差別化の欠如は、規制のカテゴリーを超えてより個人的なものへと拡大しています。
メディアでは、衛生担当者は、縁石の上に置かれた多くの物がゴミ、写真、記念品、個人所有物であることを決して意味しないとコメントしていました。
捨てる研究ゲストの著者Kim DeWolffは、2011年3月の日本の津波の後に陸上で洗い流される同様の現象の記事を書いています。
これらのオブジェクトは依然として誰かに属しており、それは人間の遺産と比較しても生命の一部であるという強い意識があります。
日本の多くの人々と同様に、彼らは津波の破片を残骸と呼んだり、残骸と呼んだりしないことを望んでいません。
失われたものや個人的なものの代わりに、ハワイのビーチや北アメリカの西海岸を掃除する人々が実際に分けることができるように、言葉で分かれています。
災害時には、ゴミ、記念碑、記念碑、文化遺産のアーカイブが埋立地に併合されます。
グラマラスリムプエラリア 効果 口コミ